---故宮博物院

王道北京☆ 悠久の故宮、また登る。

February 01, 2012















今回の北京旅行は

一度も北京観光したことないマヨを 故宮 へ案内するのが目的。

彼は何十回目の北京だけど、仕事でしか行ったことないのよね。





















それにしても、さみぃぃぃぃ><

故宮周りのお堀まで凍る寒さだというのに





















大混雑。。。

この寒い時期、観光客なんて居ないだろうと思っていたのに大人民
























それでもやっぱり故宮の壮観さは、たまらないんですよねぇ。

ラストエンペラーごっこ大好きkurousaです。






続きを読む

colombomamama73 at 12:00|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

BPB 使い方いろいろ

June 28, 2011




北京3日目(火)の午後

前門から、またバスに乗って向かいますのは
















天安門キター














ここから故宮へ向かいまふ。

今回で3度目の故宮。どんだけ好きなんだよって、ねぇ。

















好きですよ、もう大好き。















これからだって、北京へ行くたびに足を運ぶと思うもん。

何が好きかと言わせてもらえば














何度見ても笑えるマネキン三人衆とか。













シュールだゎ。kurousaです。







続きを読む

colombomamama73 at 15:00|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

北京放浪記 《故宮博物院》

May 12, 2006

pp

連休も終わってしまい、またやる事がなくなっちゃいました。

そろそろエステに行きたいと思いつつ、起きたら午後3時kurousaです

 

 

 

北京観光のメインは、やはりココ。

2日連続で見に行ってしまった世界遺産の紫禁城 現・故宮博物院です。

故宮きたよー(≧∇≦)

北京のほぼ中心に位置する紫禁城は

”その昔は皇帝の宮殿でしたよ”という意味で

「故宮」と呼ばれるようになりました。

491年に渡って中華帝国を統治した中枢部です。

写真は紫禁城北門である神武門)

 8:30〜17:00(冬季〜16:30)  60元(冬季40元)

 

紫禁城内の宝物は内乱の際、多数が台湾に持ち込まれ

現在では北京のココと台北の国立故宮博物院に展示され閲覧することができます。

 

それから皆様、故宮に行かれるときにはお気を付けあそばせ。

大きめの手荷物は預けなければならなくなっております。(しかも有料)

小さめのバッグならOKみたいですけど係員によって大小の判断がそれぞれ

なので、なるべくコンパクトな装いをオススメしますです。

 

 

 

 

では、さっそく中に入っていただきましょう

 

 

じゃかじゃんっと♪

 

 

 

 

 

 

ビバ☆紫禁城

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビバ☆ラストエンペラーщ(゚▽゚щ)

 

 

それでは、溥儀を探す旅 くろうさツアー出発です

今回ご案内するコースは南の正面門から入りまして

午門太和門太和殿中和殿九龍壁乾清宮麗景軒推秀山

の、所要時間は駆け足で1時間でございま〜す

 

溥儀さま〜三( ゚∀゚)ピューン

 



colombomamama73 at 05:04|Permalinkコメント(11)トラックバック(1)

午門

pp

有名な「天安門」は紫禁城正門の跡地に建てられたもので

その天安門をくぐると、現・故宮博物院の正面門である午門があります。

映画「ラストエンペラー」では宣統帝時代から退位後も紫禁城内で

生活しなければならなかった溥儀を撮す場面で

中国政府全面協力の下、随所にこの紫禁城が使われているんですよね

 

午門 入口ね

くぐりませ〜

午門の下にあるトンネルは

映画でも頻繁に出てきます。

5つあるうちの真ん中が

皇帝専用の通路です

ジョンローン扮する溥儀が、ここから自転車を押して出てきたかと思うと感動

でも地方から来たと思われる中国人観光客はしら〜んぷりでトンネルを通過。

みんなラストエンペラー見てないのかな・・・・・。

 

 

un 次は武官たちが毎早朝に集った太和門

 



colombomamama73 at 05:02|Permalinkコメント(3)トラックバック(0)

太和門

pp 午門を抜けて次に見えるのが太和門。中国最大の宮殿建築の木造門。

3度の火災に遭い、19世紀後期に再建されたものです。

太和門

明代には文武官たちが毎朝明け方に集合し

皇帝を待つこと何時間・・・・・。

その朝礼に遅れたり倒れたりすると厳罰に処され

冬場は凍死するひともいたのだとか(>_<)

龍は皇帝

すばらしいщ(゚▽゚щ)

 

その太和門を抜けると広い

石畳の空間があり

即位する際に何万人もの宦官が

まだ幼い宣統帝にひれ伏した場所m(_ _)mハハー 広すぎて写真に収められませんでした

 

 

un 次は、ビバ☆紫禁城の太和殿

 



colombomamama73 at 05:01|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

太和殿

pp

そして紫禁城の中の紫禁城とも言える、太和殿へと続きます。

主要なものは南北に一直線で並んでいますので分かりやすい(^_^)v

 

大典がある時には皇帝が、この大和殿中央の宝座に座っていたのですね〜。

太和殿は現存する中国最大の木造建築物。

その装飾や巨大な屋根を支える70本以上の大木柱など

ここを見なければ故宮に来た意味がないというものですが・・・・・

 

 

_| ̄|○

 

工事中

 

しかも全解体_| ̄|○アリエナイ

 

それでも、桁外れな大きさだけはお分かりいただけましたでしょうか

 

 

un 次はテニスコートがあった中和殿

 



colombomamama73 at 04:57|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

中和殿

pp

太和殿工事のショックから立ち直るのに時間がかかりつつも

先へ進むのみ 太和殿の後ろに構えるのは中和殿

中和殿

ここの階段下は映画「ラストエンペラー」の中で

テニスコートがあった場所(普段はありません)。

溥儀様が階段を駆け上がってくるんですよね〜♪

水はけ良し!

階段横には龍のオブジェが

多数並んでいて、口の下に

穴が開いてるんですけど

 の日にはこの穴から

雨水をちょろろ〜んと排出する仕組みになってます。排水バッチリです(*^-^)b

この龍の『千龍吐水』を見る為にはぜひ大雨の時に

 

 

un 次は150円なら払っちゃう?九龍壁

 



colombomamama73 at 04:56|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

九龍壁

pp

中和殿の東側階段下のテニスコートがあったと思われる所から

東へ行くと九龍壁があります。これは中国三大九龍壁のひとつ

九龍壁

スタバもあるのら

中でも最小ではありますが

それでも横30m高さ3.5m

龍は皇帝を表しています。

この九龍壁を見るには

「珍宝館」のチケットが必要で、入場券の他に別途10元必要になります(-_-)

しかしながら瑠璃瓦で彩られた9頭の龍はお見事。必見でございまする。

その手前には故宮風のスタバ。なんだかおかしいですよね(*≧m≦*)ププッ

 

 

un 次はコオロギを隠した乾清宮

 



colombomamama73 at 04:54|Permalinkコメント(3)トラックバック(0)

乾清宮

pp

東へ逸れた道を中央に戻り、さらに北へ行くと 乾清宮

皇帝の執務室。寝室と兼ねていたこともあったとか。

乾清宮

寝室があった当時は暗殺防止のため

27あるベッドの中からひとつを選んで寝ていたそうで

乾清宮の宝座

皇帝もラクじゃないですね(笑

 

この玉座は幼少の溥儀が

後ろにコオロギを隠した玉座。

残念ながら玉座は見るだけ 座ったり触ったりはできないのでございます

 

 

 

un 次は溥儀が暮らした麗景軒

 



colombomamama73 at 04:53|Permalinkコメント(4)トラックバック(0)

麗景軒

pp

今度は西側へ移動します。もうそろそろ出口が見えて来る頃です。

何重にもある小さい門をくぐり迷路のような回廊を抜け辿り着くのが

溥儀サマ住居へご案内

宣統帝を退位した後の溥儀が12年間生活した

 麗景軒↓

西太后も皇太后になる前ここに住んでいたことが

溥儀サマ宅 あるとかないとか。

近年になって一般公開

されることとなり、主には

溥儀の展示になってます。

お勉強熱心だこと

書斎というか・・・

溥儀ラヴ♪

 

 

 

 

書斎や書物・写真が飾られ、見れば映画で溥儀を演じたジョンローンは

溥儀本人にすごく似てますよね。でもナゼかこの麗景軒は人気が無く

その手前の西太后が主に住んでいた儲秀宮に人が集まっておりました。

ちなみに西側の宮に住んでいたので『西太后』と呼ばれたのだそうです

 

 

un 次はそろそろ出口の推秀山

 



colombomamama73 at 04:52|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪