おうち手抜き料理

白い果実 長野龍眼2010

November 28, 2011




冷やす=冷蔵庫内を陣取られる。

それが億劫に思えて、つい赤ワインの多いkurousaです。
















たまには白、国産で。

St.Cousair の長野龍眼。













サンクゼールのワインは、わりと無難に整うあたりが好き。

↑↑ これは結構な甘さなのにスッキリと喉に潤う「龍眼」の

心地良い風味と香りにくすぐられる1本。
































合わせたのは、またココット風。。。ラクチンなんですよね(^^;)

下にセリ、卵は溶かずに目玉で割り入れて半熟がハナマル









colombomamama73 at 12:12|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

キライじゃない Chateau de Fraysse 2008

November 26, 2011




ボジョレの「ついで」で買ってみたChateau de Fraysse 2008。
















ボルドーで、このサラサラ!? な1本。















キレイな・・・高脂血症ではなさそうな血の色、そして香りはカビ臭い。

飲んでみれば口当たりが良いのは、悪く言えば水っぽいんだけど

お料理を選ばないチャラリと軽い底の浅さ(笑) が結構お気に入りかも。























そんなチャラ赤には和テイスト。芹とジャコのペペロンチーノ。

これからの時期、芹が美味しいんですよね









colombomamama73 at 14:00|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

へしこカペリ

November 25, 2011




それ以来、病み付きになってしまった「こんか鰯(鰯のへしこ)

白いゴハンとの絶対至福を堪能したあとは、ちょっと気分を変えて



















カペリーニで合わせてみました。

アンチョビと同じ様でも、こちらは和テイストにくすぐられる美味しさです

を、夜中の3時に作って食べる。。。ひどいね








colombomamama73 at 10:00|Permalinkコメント(4)トラックバック(0)

期待通りに不味かった MARIE-LOUISE PARISOT

November 23, 2011




週末からDVDで「北の国から」を見ています。

その中で、いつも麓郷の大人達が「北の誉」を飲んでいて

シリアスな場面でも、なぜか羨ましかったりするkurousaです。



















「ラベルうけ」ボジョレはパリゾ。














想像に難くなく、やはり一口目は「マズ。。。」な1本。

香りは甘酸っぱい小果実系で悪くはないけど、やぼったい。

軟らかくも硬くもない、だらしなく漂う渋み。あーあ





















合わせたのは、カイワレとチーズのココット。

グラタン皿で作ったからココットとは言えないか。。。ココット風で








colombomamama73 at 11:00|Permalinkコメント(4)

危険な香り les Roeses de Quincie

November 22, 2011




毎年

「今年の風邪は酷いらしい」と等しく「今年のボジョレは最高らしい」。

そう言わないとルルもルイジャドも売れませんから。kurousaです。

















味わうもんじゃない。

おまつり気分を楽しむボジョレ。













まずはヴィラージュ物からQuincie(カンシェ、クアンシェ)の1本。

コルクを抜いた瞬間には「ダメだこりゃ」な香りがするけれど

飲んでみればスパイシーなフローラル   悪くはないです。






















合わせたのは、不評につき飲み残した南アの赤ワインを使って

骨付きソーセージと牛蒡のワイン煮。

でも・・・ヌーヴォーには対赤よりも対白料理が似合う法則








colombomamama73 at 11:11|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

一皿で二度おいしい

November 17, 2011




漁景湾 でフカった際、

一緒に頼んだ「上汤西兰花(上湯西蘭花)」はブロッコリーのスープ煮

上湯で用いられたらしき野菜・ハム・キノコの他に、ピータン乗せ。




















この「上湯」というスープ系のお料理が実は好き。

特別どうこうした料理ではないけど、ハズレがないことから

迷った・困った・あと一品の時には「上湯モニョニョ」を頼みがちなkurousaです。












『 漁景湾 』  大众点評




続きを読む

colombomamama73 at 10:30|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

その梅

November 14, 2011





最近の家飲みブームは梅酒。庶民的にチョーヤ。。。

こんなもの すごい勢いで飲み干してしまうんですけど

その後の梅酒の梅ってどうすればいいのか悩むkurousaです。















それと同時に、いつも使う度に買うのはいいけど残りが困るニンニク。

だからって毎日ニンニクばかり食べないし・・・で考えたのが調味料。














左から普通に梅酒、

中)梅唐辛子にんにく醤油、

右)梅ガーリックオイル。













つまるところ、お醤油なり油なりを飲みきった瓶に入れただけ。

ニンニクや唐辛子も特に熱処理していないので、お醤油は冷蔵保存ね。

この醤油仕立てが万能なのですよ。ラーメンスープにも出来る優れもの


















油仕立ては2日くらい置いておけば















炒め物やパスタ類に合わせたくなる香りがしてきますです。

梅のせいか想像以上にサラッと仕上がって、これもお気に入り。











加熱処理していないので基本「使い切り」だけど

どうせ次から次へと空瓶になるから、いーのいーの









colombomamama73 at 15:15|Permalinkコメント(3)トラックバック(0)

ゴルフ中継を見るようになって知った酷い二日酔い

November 10, 2011




そのほとんどは「買うと高い」という理由から

ドレッシングやポン酢など、合わせ酢系を自作することが多いのですが















つい買ってしまった調味酢は

「フンドーダイ」のもの














ゴルフ中継を見ていて出てきた広告に「なんじゃその呪文は」

と調べて知った調味料メーカーです。

38年間、見たこともなかったそのフンドーダイを上海で買うとは。。。





















で、早速トマトの酢の物に。

二日酔いなんてレベルじゃない程、地獄的に前日のお酒が残った体に

この甘味と酸味が素晴らしく、そして劇的に効きましたよ(笑)









それが少し余ってしまったので






続きを読む

colombomamama73 at 12:00|Permalinkコメント(4)トラックバック(0)

比べるまでもない・・・か。

November 03, 2011




見かけて買ってみた即席のお味噌汁。

よくスープなんかである「粉末と具が四角く固まってるタイプ」は

なんと表現すればいいのかを昨日1日考えていたkurousaです。




















結局、一言で言い表す適当な単語が見あたらないまま

味も分からないのに置いてあった3種類を全部買ってみたのは

「神州一」(中国仕様)だったから。
































して、お味は。。。

「お味噌汁」として若干間違っていると思える1種類もあり(笑)

飲めないことはないけど、やはりハゲ坊主の生味噌タイプが良いかと。









colombomamama73 at 12:00|Permalinkコメント(5)トラックバック(0)

食べにこんか

October 22, 2011




某ネーサンから「毎日引き籠もって・・・何やってるの?」と聞かれても

「毎日何もしてません」と応えるのが日常になってきたkurousaです。




















まめ姉様からいただいたのは

「こんか漬け」













この「こんか鰯」は言ってみれば、鰯の「へしこ(糠漬け)」であります。

噂には聞いていたけど、へしこ系を食べるのは初めて。

グリルで両面をササッと焼いて、いただきまーす ったら





















こりゃ、たまらんち







その強烈なしょっぱさと、鰯の脂の甘味とでアララララ。

ただしょっぱいだけではなく日本的な奥ゆかしさも兼ね備えていて

猛烈に白いゴハンが進む、なんとも言えない美味しさなのです。





初こんか、胃袋撃ち抜かれますた








colombomamama73 at 15:30|Permalinkコメント(9)トラックバック(0)
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪