少林ファッカー☆ 清廉

June 22, 2012














少林寺商法に、まんまと乗せられるkurousa一行ですが

お土産だけでは飽きたらず、食事も少林食。

































少林寺を挟んで「少林薬局」とは反対隣のレストランにて

少林寺伝統の「素斋(素齋)」=「精進料理」をいただきまーす




















5人用のセットが300元くらい。観光地なのにお安い

と思う理由は、まず店内や食器がキレイ。






・・・この鄭州旅行で

後にも先にも、唯一「文化的香り」のするレストランだったのです(笑)


























そして美味しい。

街中の精進レストランでは、ある意味「諦め」が必要だけど

日本でも中国でも、ちゃんとお寺の精進料理は精巧なんですよね。




















特に酢豚もどきの↑↑コレは、「まじ豚肉じゃないわけ??」ってくらい

その味付けといい食感といい、とても精進料理と思えないばかりか

丁寧でキレがあり、一般的な酢豚よりも数段美味しいという罠です。


































感嘆するのは、その「もどきっぷり」ばかりでなく

お米や野菜の清廉さを持ち合わせる素材の良さもあるのでふ。

いやいやホント美味しかった。感動した







colombomamama73 at 12:00│コメント(3)トラックバック(0)鄭州・少林寺 | 旅行ごはん

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しゅう@大阪   June 22, 2012 14:47
なるほど、こいつは美味しそうでやんすね。
もどきに頼らず、素材でも勝負ってのが気に入った!
2. Posted by Mango   June 22, 2012 18:19
ホント、本物の酢豚っぽいですね!!!!!
精進料理=味気ないというイメージを
良い意味で覆してくれたお料理だったのですね
やっぱり、素材の味って大事です
3. Posted by kuro   July 04, 2012 18:57


しゅうさん


つい上海の街中イメージで入ってみたら
ちゃんとしているどころが
お見事な少林料理でびっくりでした!!
素直に美味しいし、ほんと言われなきゃ分からないくらい。
次に上海行くときは、お寺の精進料理もリストに入れとかなきゃです



Mango嬢


酢豚も酢豚だしチンジャオロースもチンジャオロースで
面食らうほど美味しかったのですよー
素材が良いのも驚きでした。
やっぱりお寺ってスゴイんだなぁと
妙な感心をしてしまいました(笑)



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪