BPB マドレーヌ寺院

June 21, 2011




パリ2日目(火)AM

仕事は午後から。午前中は早速パリ観光^^
















まずはメトロ Metro でマドレーヌへ。














マドレーヌ駅から地上に出て、すぐに圧倒されるのは






















ネオクラシック様式のマドレーヌ寺院 Eglise Ste-Marie Madeleine 。

詳しいことはガイドブックや専門の方々にお任せするとして































なにもかもが巨大で、日本とはまったく異なる建造物には

純粋な驚愕と素直な感動を覚えますです。

正面入口に施された「十戒」のレリーフには、ぞぞぞっときますです。











そんな驚きだけではなく















万国共通とも思える光景も。














物乞い、スリ、メトロでの無銭乗車。。。

フランスだからといって例外ではなく、どこででも光と影は共存するもの。

それはある意味「均衡」なのかもね。






















そしてマナーを守りましょう。

ただ常識の範疇で行動してねって話でしかないのですが、なかなかねぇ




加えて、年始の京都でも感じた事なのですが・・・

崇高で厳粛な寺社仏閣や、今回のパリでの教会などという場所で

例え撮影OKだとしても「ピピッ」「バシャコン」という軽率なカメラ音。

フラッシュ不可なのにビシバシたかれる不躾なフラッシュ。




京都では日本人のマナー意識の低下かと思っていたら

それは地球規模みたい




















そんなマグダラのマドレーヌちゃんから次に目指すはコンコルド広場











マドレーヌ寺院公式サイト http://www.eglise-lamadeleine.com/








colombomamama73 at 17:00│コメント(2)トラックバック(0)PARIS パリ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Mango   June 28, 2011 11:19
こういう重厚な建物、好きなんですよ
特に、日本では目にする機会がないので、
さらに、嬉しいですよね!

マナー意識の低下。。。
私も、昨晩、そんな日本人のおっさんと遭遇したばかりです。
どうなっているんでしょうね
2. Posted by kuro   June 30, 2011 04:04


Mango嬢


日本とは違う、こういう建物は新鮮ですよね。
チョンマゲ結ってた時にコレか!!と思うと
感慨深い。。。(笑)

マナー低下は日本人だけなのかと思ったら
そうでもないみたい。地球規模
危機だ。。。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪