ヤルならヤルでいいけれど

July 31, 2009


 昨日はエステに行けなかった代わり(?)に飲み行ってきたよ。

そしたらねー、スゴイよー お仕事帰りのまこっさんが


ごちそうさまでーす☆



ボトル入れてくれました

ありがとねーーーーー。


皆様もお給料日はお気を付けを。kurousaです。





 

 

 

浴衣の販売会に合わせて「浴衣の選び方講座」なるものがあったんです。

どんなもんか試しに覗かせてもらったんです・・・けど・・・(-_-)

そもそも、かなり期待はしてなかったのですが想像以上の期待外れ具合

 

 



カラーコーディネートを基本にした講座ということだったんですよ。


確かに和服は色合わせが楽しいんですよね。

柄にもよりますし、その柄のサイズにもよれば、生地にもよるし、

通常の洋服では考えられない色合わせも和服ではキラリと映えたりする。

意外性の組み合わせが「粋」だったり「遊び」だったりもするしね。

そういった「ひらめきのヒントを貰えたらいいなぁって。







まず、

プロのカラーコーディネータさんによる個々の「顔」に合わせた「色」チェック。

特徴によって分類し、「このタイプの顔の人」は「こういう色が似合います」と。

なるほど、自分らしい色を分かっているのは大事かもしれません。



その後、コーディネータさんの門下生と思しきスタッフの方々(日本人)により

実際に色見本を顔の下に当て、似合う似合わないを検証するんです。

ではでは早速、鏡の前に座って色合わせ開始。。。したのは良いのですが



 

 

 

「うっわぁー! すっごぉーく、キャッワイイ〜〜〜〜〜〜〜〜」

 

「きゃーーー! やっぱり、この色がスッゴォーク、お似合い〜〜〜」

 

 

 

とまあ、どこでそんなもん覚えてきたのか

今時、化粧品売り場でも見られないようなベタで滑稽な誉めトーク。。。

トークじゃないですね、ただただ

「可愛い」「ステキ」「似合う」「若く見える」「ホウレイ線が目立たない」

という単語に大袈裟な擬音とジェスチャーを付けただけ。

色がどうこう言う前に、彼女たちの神懸かり的な妙技に釘付けになりました。


 



明日のための其の一、耳をえぐり込むように塞ぐべし、塞ぐべし。





丹下段平の声に励まされつつ、今度はマヨの色合わせ開始。

もう・・・なんとかのひとつ覚えも冗談であって欲しいと思うほど

 

 


「ひゃーーー!この色、かっこいい〜〜〜〜〜〜〜」

 

「ほら、ここのホウレイ線が目立たなくなって若く見えるぅ〜〜〜」

 

 


相手が女性であればまだしも男性相手にホウレイ線がどうのって・・・どうよ。

良い悪い・似合う似合わないを対男性に示唆したいのであれば

「キリッとして見えます」とか「落ち着いた印象になります」とか

「表情がやさしく(または厳しくとか)見える色です」などなど、あるじゃないですか。

だた覚え立ての呪文のごとく「若い」「ステキ」「ホウレイ線」を繰り返されて

さすがにイラッときました。興醒め甚だしい。

マヨのような壮年男性に「見えるだけ」の「若さ」など要らぬわ。







それでもとりあえず

「似合う色」=「ホウレイ線が目立たない色」(笑) なのは分かりました。

では浴衣を着こなすにあたっての色合わせは、どうすればいいですか?











「お顔に似合う色の同系色で選ぶと良いですよ」



とのこと。ええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー@@

和服もそうだし、ネクタイとワイシャツと私もそうだし

意外な組み合わせを、どれだけマッチさせるかがオシャレなんじゃないのー?

じゃあ・・・ピンクが似合う人は全身ピンク?林家パー子じゃねんだから。

身も蓋もない。。。ひらめきが遠ざかって行くぅ(p_q*)



 



しかも、スタッフの方々というのが

すべてにおいて「色が、色で、色ですから!!」と

まるで新興宗教的な印象を受ける言い方なさるんですよ。

色合わせの際の妙技や、コーディネートの傾向には妥協できても

イロイロ教っぷりには・・・私そういうのダメなんですよね。激しく拒否反応。



もう即座にその場を立ち去りたい気分だったけど

せっかくの浴衣販売会だし、マヨの浴衣も選ばなきゃだし。。。って

たまたま手に取った浴衣に対してスタッフが帯を見繕ってきてくれても

当然、色も柄も浴衣に合ってない。

確かに顔と合わせた色だけを考えたのであれば、

そして単品であれば両者共にとてもステキな品物だけれども

ふたつを合わせてしまうことによって双方の良さが相殺されてしまう。

 

そんな帯を持ってきたんで、イライラが頂点に達してしまい

「これは浴衣の柄と合わないでしょ」と軽めにジャブってみたら

それっきり我々に近づきもしないスタッフ達。。。

 

食い付けよって。オススメをダメ出しされたら、それっきりですか?代替案は?

まあ・・・所詮スタッフに関してはプロではないですしね。

結局、独断でマヨの浴衣を購入して帰ってきたわけなんですけれど

「講座」というより「布教」に付き合わされただけなような気がして、すごくイヤ

 

 

 



colombomamama73 at 13:07│コメント(10)トラックバック(0)クロのひとり言 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いちこ   July 31, 2009 15:12
講習会は「はぁ〜そうなんですか〜」しか言えませんでしたね〜;
私に似合う色はパステル!ってのだけ頭に入りましたw
今日来てるのは暗めグリーン。。。アレ?。。。
2. Posted by 海の向こうで   July 31, 2009 15:57
こういうのって、きついんですよね。。。
私も、かな〜り昔になりますが、
日本の某エステで永久脱毛しようとしたら(笑)、
担当の女性の会話の浅はかさというか、知識のなさというか、
プロ意識がないというか、そういう態度に呆れてしまった経験があります。
お疲れ様でした。。。。
3. Posted by kuro   July 31, 2009 17:22


いちこ嬢


ほんと「はぁ。。。」だったよねぇ。
色のことは分かったけど、それだけだったし。。。
今日は暗めのグリーン?!
「それNG色です!!」て言われちゃうから、すぐ脱いで!!(笑



海の向こうで嬢


きついですよ、こういうの><
やるのは構わないんですけど、浅はかなのはNO NEEDでしょーーー
もう・・・気分悪いったらなかったっですよ。

そういうオイラも昔日本のエステで
教養の無さに激怒して帰ってきたことがありました。。。



4. Posted by 上海小町   July 31, 2009 21:31
着物って、かかわっている時間の長さ=センスに影響ですよねー。
長ければいいってもんじゃないけど、やっぱりどのくらい「量」を見たか、にもよるし。
かといって、我が母は着付け師だけど、ちょっとセンスがない(笑)。
ただ、ただ素人が売るなら、目利きのお客様を尊敬して教えてもらった方が得。そういう世界だと思います。
5. Posted by smile   July 31, 2009 22:00
5 実は私も、この講座に行ってました。

私は初心者なんで浴衣や和服のことは、まだ分からないので、色の合わせ方など知らないのですが

たくさん色を試してもらいましたが、違いがわかりませんでした。

最終的には押しつけっぽく似合いますと言われたような気がします。

薄い水色が一番似合うと言われたのですが、薄い水色の浴衣は無かったですし、何も買わずに帰りました。

あとは着付けなども教えてもらえるのかと思っていたんです。

一人では着れないけど教えて貰って、着れるようになりたかったんですが・・。

>まるで新興宗教的な印象を受ける言い方なさるんですよ。

恐かったですよね。

>じゃあ・・・ピンクが似合う人は全身ピンク?林家パー子じゃねんだから。

私も一瞬パー子が頭に浮かびました。(爆)

kurousaさん・・きっと、あの人ですよね。旦那様と、お友達も一緒ではなかったですか?たぶんですが・・・。

すごく恐そう、、じゃなくて芸能人みたいな人がいるな〜と思っていたんです。

違ってたら、すみません。
6. Posted by しゅう@大阪   August 01, 2009 07:45
う〜ん、よく判らないけど柳原可奈子の芸で
次々と浴衣を勧められるって感じでしょうか?
それはたしかに、イラッとくるかも(笑)
7. Posted by wabisuke   August 01, 2009 13:24
smileさんの下から2行目のコメントに、思わずプププ・・と笑ってしまったwabisukeです。そっか、迫力オーラが出ていらっしゃるのですね・・・。
ところで、浴衣。ほうれい線が目立ちません、という売り方があるとは、知りませんでした!!浴衣だけよくても、帯が合ってなかったり、イマイチだと、ほうれい線を見る前に、「イケテナイ」と思っちゃいますけどねー。
私は、浴衣売り場に行ってその中でミズカラが格好良くコーディネートしている販売員さんがいたら、その人の接客が終わるまで、近寄ってくる他の販売員さんを蹴散らして待つことにしております(笑)。で、「素敵なコーディネートですね。終わるのを待っていたんです」とプレッシャーをかけることも忘れません!こうなると、販売員さん、売り上げること以上に、プロとして粋なコーディネートができるかどうかが試されるので、やりとりが楽しいですよん。
8. Posted by kuro   August 03, 2009 14:08


上海こまってぃー嬢


色は色で良いんだけど、そのコーディネートって
洋服でも和服でも「モノ」によるじゃないですか。
とりあえずは和装の知識を持って望んで欲しいよね。
まあ・・・最初から期待はしてなかったけど(笑)
ぶっちゃけ「販売員ごっこ」「コーディネーターごっこ」の趣でありますたよ。。。
いつもお世話になってる、こっちの和服業者さんが
まじ可哀想に思えました


9. Posted by kurousa   August 03, 2009 14:52


smile様


はじめまして。くろうさです。

smile様も行かれていたのですね。。。
確かに着慣れない人には色合わせなど難しい・・・
というか、関係なく着ても許されるので、どんどん挑戦して欲しいです♪
ただ御自分で着られないとなると、やはり着るに着られないじゃないですか。
私なんかホイホイ着ちゃうからいいですけど、そうですよね。。。
着られない方向けに浴衣の着付け講座があっても良かったかもですね。

smile様がお見かけになったのが恐そうな人であれば正解です。私です(笑
でも芸能人みたいだったのであれば、ちょっと違うかもです。
また、次回の販売会でもお会いするかも?
もしお酒臭かったらビンゴですよー(*≧m≦*)ププッ


10. Posted by kuro   August 03, 2009 15:13

しゅうさん


柳原加奈子は、「あー!そのまんま!!」って笑えるんですけど
また別の方面・・・というか何十年前のマネキンさん?ってカンジだったんですよ(^^;)
しかも浴衣を次々と勧めるわけでもなく
「この色が!」「この色で!!」って色の話ばかり。。。
もう、浴衣まったく関係なくなってたのよ
彼女たちがいなければオイラも浴衣買ったのになぁ(笑



wabisukeさん


ホウレイ線でモノを売るという新しい「ホウレイ商法」です(笑
そんなんで浴衣選べないですよねーーーーー!!
というか選んだところで間違いなく「イケテナイ」!!

そのプロのコーディネーターさん&コーデスタッフも浴衣着てらっしゃいましたが
スタッフは超「無難」でしかなかったし
プロの方は一応「派手」な浴衣でしたが、過ぎておかしなことになってましたし。。。
まずは和装の着こなし覚えてからにして欲しかったですわ。。。まじで。。。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪