北京放浪記 《天壇》

April 29, 2006

 

昨日夜中までDVD見ちゃったら、起きたの午後2時

ドラマなので途中でやめられないんす。続きが気になる終わり方するし。

昼間ひとりで見ちゃいたいけど旦那が帰ってくるまでガマンのkurousaです。

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄を駆使して観光三昧してまいりました

kuroの他3名は皆さんお仕事なので、ひとりぼっちの観光でございます。

寂しいけど、その分時間もルートも融通が利くので午後からお出かけ。

 

 


 

この日のお目当ては北京市街地の南にある『天壇』

神を崇める祭壇です。

 

地鉄を乗り継ぎ天壇への最寄り駅「前門」駅へ。

この駅は天安門広場の最南端に位置していて(北は有名な天安門ね。)

駅を出たら正陽門がすぐ目の前!!と思ったら・・・・・

 

 

 

 

工事中(T_T)

 

 


工事中

 







うそでしょ

これもついでに見たいが為に地鉄で来たのに、意味ないじゃん!!

 

 

 

 

 

 

 

まあ、仕方ない。と、トボトボ天壇に向かって歩き始めたものの

地図によりますとナニナニ?大通りを2つ越したら天壇公園のはずが

歩いても歩いても、その大通りが出てこない。そう、北京という街は



バカデカイ

 

 

 

たった「駅ひとつ分」とか、「次の道」までがめちゃめちゃ遠いんです

歩いたkuroがドアホでした。

だけど・・・

ある程度歩いちゃったからタクシーに乗っていいものかどうか悩みつつ

結局歩くこと1時間 やっと天壇公園に到着。

 

 

 

 

 




 

北京の中心から南に位置するこの天壇は

その昔、

皇帝が五穀豊穣を祈るために作らせた中国最大の祭壇なのだそうです。

 

 


天壇

 

 

 

天壇公園

入場料15元

施設を内覧できるセット券は35元

 

 

 

 

 

 


天壇公園は面積273万?。

北側の「北大門」から「皇乾殿」→「祈年殿」→「皇穹宇」→「圜丘」と

南へまっすぐに配置してあり、「南門」までは約1kmの道のりです。

どんなに急ぎ足で見て回っても1時間はかかります。

 

 


瑠璃色の屋根瓦と釘などを使わない建築法に興味津々なワタクシ。

いざ、天壇へ!!と意気込んで攻めてみたのに

 

 

 

 

 

 

やっぱり修復中

 

またしても

 

修復中(T_T)

ちょっとー

 

 

 

 

 

↑天壇の中でもメインの祈年殿(後ろに少し見える屋根)皇乾殿(手前)です。

特に祈年殿の内部の装飾が必見とのことだったのに、どぼちて〜(p_q*)

これもオリンピックの為なのかしら。

 

 

 

 

 

 

見えるかな?

 

 

 

 

樹齢500年を超えるという

九龍柏

 

 

 

 

 

 

さすがに工事していませんでした(笑

九頭の龍が天に向かって昇っているように見えるらしいですがどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇穹宇

 

 

 

 

こちらは皇穹宇

 

 

 

 

 



祈年殿からまっすぐ南にある祭祀で皇帝の先祖の位牌を置いたのだとか。

ここで、やっと見学OKщ(゚▽゚щ)

 

 

 

 

 

この中の装飾がすばらしいですね。

何度も修復されているので、明・清時代と同じ色かどうかは不確かですが

その天井の装飾といい細部にいたるまでの彫刻などは見事です。

 

 

 

 


見学できました

中がすごい


 

 

 

 

 

 

 





修復中で見ることのできなかった祈年殿はもっとすごいんだとか・・・。

残念

 

 

 

 

 

回音壁

 

 

 

 

 

 






皇穹宇の周りに配された回音壁

壁際にて小声で話しても180度反対まで聞こえるという

音の反響を利用した壁です。相方がいないので実験できませんでした

 

 

 

 

 

圜丘

 

 

 

 

 

 

 

 

 






天壇公園の一番南にあるのが圜丘

石造りの3階建て。皇帝が神に直接祈るために屋根がありません。

ここが天壇 of 天壇ということになりますね。

 

 

 

結局2時間ほど天壇巡りに費やしてしまいまして、時すでに夕方4時半。

6時には友達とゴハンを食べる予定だったので

ホテルへ帰ることにして、乗り込んだタクシーで激写しました。

 

 

 

 

 

 

 

午後の胞子

 

 

お分かりになるかしら、

窓の外にある白いもの。

 

 


 

 

 

この得体の知れない浮遊物・・・北京こわい

 

 

 

 

 



colombomamama73 at 18:36│コメント(7)トラックバック(0) 北京 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちったん   April 30, 2006 00:34
ほぉ〜〜〜!
こういうとこなのか!!!
おいらは回音壁が気になります(◎-◎;)
姉さま、神様になにお祈りしたのかな〜???

でも工事中とかに当たると悲しいね(>_<)
それにまた胞子まで!!!
姉さま、早くマスクを〜〜〜〜!!!
2. Posted by しゅう   April 30, 2006 10:10
天壇と聞くと、つい京都の有名焼肉店を思い
出してしまう今日この頃。ああ、ラまい焼き肉喰いたい。

せっかくよい雰囲気なのに、工事中はまいっちんぐ。
長城もそうだけど、俄然北京に行きたくなりました。
3. Posted by ナースうさぎのあーちゃん   April 30, 2006 16:28
北京は故宮博物院もありますし、見所いっぱいですね。台湾の故宮博物院も素晴らしいですが、北京は建物などスケールがすごいそうですね?
4. Posted by kurousa   April 30, 2006 19:18

> ちったんさん

回音壁は実験してみたかったんだけど
周りのガキどもがワーワーと壁に向かって叫びやがって
聞こえるんだか聞こえないんだか(;^_^A

ムジゴヤシすごいでしょ〜
まったくもってマスク必須なのよ(T_T)


> しゅうさん

うまい焼肉!!オイラも食べたいのれす

もうどこもかしこも工事中だったんですよ。
それなのにセット券は35元のまま・・・。
ボられてる?ひどいー(>_<)

5. Posted by kurousa   April 30, 2006 19:23

> あーちゃんさん

台湾の故宮博物館と北京のは
コンセプトが違うらしいんですよね。
台湾はソフトで北京はハードといったカンジでしょうか。

それにしても街の大きさに比例してなんでもデカイんです。
人もデカイ(笑


6. Posted by ぴょんこ   April 30, 2006 20:40
おお〜^^〜、懐かしいです〜〜^^〜〜。
あの青の色に感激したぴょんこです。

馬鹿でかいと体感しました。
デカイヨあるね。(^-^)

7. Posted by kurousa   April 30, 2006 21:04

> ぴょんこさん

北京デカかったですぅ
いろいろ見たい所がありすぎて
今回、時間が足りなかったんですよ。
上海とは違って歴史的建造物が多くて
もう感動の嵐でした。
また行きたいのです(*^_^*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
♪ キーワードで探せるよ ♪
♪ いただきました ♪